フライホイールとクラッチの憂鬱

先日、シムの厚さを測ってそのままになっていたKX250Fですが、パーツが届いたので早速作業に入ります。

まず、カムチェーンを外すところからスタート。

オイルは抜いておきます。以前はオイルぱっくりを使って処分してましたが、オイル交換の頻度が多く、その費用が馬鹿にならない為、

最近はペール缶に廃棄してます。洗浄油として使う灯油なども同様に、ある程度溜まったらスタンドで処分してもらいます。

あざーす。

とりあえずマグネットカバーを外します。

この際オイルが足れる場合がありますので注意して下さい。

カムチェーンを外すには、フライホイールを止めているロックナットを緩めなければいけないんですが、

このナットを回すにはフライホイールとの供回りを防ぐための特殊工具が必要になります。

ただ、今回はそれを使用せず、クラッチをなにかしらの方法で固定することでその分の費用を節約しようと思ったわけです。

が、しかしこれが後にまさかの事態を引き起こすことになろうとは… 笑 (イケルと思ったんですがね〜)

で、その何かしらってのは、クラッチのバスケット(プレートやらが収まってるやつ)を工具なり布なりで固定しちゃうやつ。

プレートやとスプリングも摩耗していないか測るため取り外します。

※ついでにどちらも基準値内でした。

クラッチバスケットが動かないように(フライホイールを回らないようにするため)に工具を掛け、ロックナットを回すと…………….

「バキッ」という音とともにクラッチバスケットの爪が飛び、ご覧の有り様。

力の加わったところが見事に折れてます。

でもまあ別にいいんですよ、別に。指で触るとクラッチバスケットの爪に溝が出来ててどうせ交換しないといけないし。

….そう自分に言い聞かせないと予想外の2万の出費に凹む

この後も布を挟んだりするもナットは緩まず、結局バイク屋にもって行くことに

チュイ〜〜ン

行ってすぐ、インパクトで一瞬でした(固定してないから一瞬で緩まなければ大変なことになってたけど)。しかもなぜかフライホイールまで外れるし

フライホイールはロックナットを外しただけでは外れず、フライホイールプーラーという工具で外します。

わざわざネットで注文しておいたのに… また取り付けのとき使うんでいいですけど。

ついでにクラッチ側のナットも外してもらおうとしましたが、軽すぎるのか、ナットと一緒にクラッチがまわってしまい緩められませんでした。

クラッチを固定するクラッチホルダを注文中(バスケットも)なので、それが届き次第クラッチバスケットを交換します。

クラッチホルダがあれば、フライホイール側のロックナットの締め付けも問題ないはず。

つづく

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中